屋外広告物に該当するかを調べてみましょう!


屋外広告物法ではこの4つの要件を満たすものを「屋外広告物」として定めています。

屋外広告物とは?

山形県では、屋外広告物法に基づき、山形県屋外広告物条例を定め、良好な景観の形成や風致の維持、公衆への危害防止のため、屋外広告物について必要なルールを定めています。山形県の自然景観やまち並み景観は、私たちみんなの資産です。あなたの掲出した、ひとつひとつの広告物が調和のとれた景観を創り出します。
やまがたの風景をいつまでも美しく守り、新しいまち並みを創り育て、かつ安全を保つためにみなさんのご協力とご理解をお願いいたします。(山形県屋外広告物資料より)

義務と資格

①点検が義務化されました
屋外広告物の表示者、設置者に対して、広告物の劣化等の状況を点検することが義務
付けられました。許可の要・不要を問わず、全ての広告物が点検の対象です。

②資格を持った者が安全点検を行う必要があります
有資格者は以下のとおり

③点検結果を報告してください
屋外広告物の表示者、設置者に対して、更新の許可申請の際に申請前3ヶ月以内に実施した点検の結果を
記録した「安全点検報告書」を提出することが義務付けられます。

看板の種類

屋外に設置されている看板は、様々な天候の影響を受けています。